Billy'sに関連した研究(卒論・修論)

Katsuta (2010)

VanPatternの理論

センテンスにおける名詞句の意味を、日本人英語学習者がどのように捉えているかをVanPattenの理論を応用しながら調査した研究です。

Tsuge (2012)

Think Aloud Protocolを利用した名詞句把握過程の調査

中学生がセンテンスにおける名詞句を把握する過程を、Think Aloud Protocolの手法を用いて調査しました。

Tsunatshima (2017)

中高教科書の名詞句調査

中学校検定教科書(3学年分×3社分)および高校1年生用検定教科書に出現する名詞句を、その構成語数および修飾タイプ別に調査しました。中学教科書から高校教科書に移行する際に、名詞句内語数も急増していることがわかりました。

Yoshihara (2020)

大学生の名詞句把握と他技能との関連

Billy’s Testを応用した名詞句把握テストを大学生に実施した上で、彼らの英作文能力および速読能力との相関を求めました。いずれとも相関が確認されました。

Suzuki (2021)

新小学校教科書の名詞句調査

新小学校検定教科書(R2年度版)に出現する名詞句を調査しました。小学校時点では名詞句は非常に短く、修飾タイプも限られていることがわかりました。新しい学習指導要領に基づき今後出版される中学・高校検定教科書とのつながりを調査する必要性が示唆として得られました。